the saltについて

塩の常識を変える純粋天日塩

ALE ONE(エールワン)の純粋天日塩『the salt』は、数ある作り方の中でも日本では製造量が限定される「天日式」を突き詰めた塩。韓国の木浦(モッポ)という、きれいな海に広がる塩田で作られています。

作り方は極めてシンプル。
2年の歳月をかけ、太陽と風で乾燥させた上で、不純物を取り除くだけ。

本来塩作りの過程で出る廃棄物を減らした製造方法で作られています。

火入れをせず、2年以上かけて自然の力だけで製造することで、「粗雑物」と呼ばれる本来捨てられてしまうミネラルを残し、そして、必要に応じて料理に合った低温加熱をします。

そのため、美しい海の成分そのままの純粋天日塩は、身体に調和するほどの成分を含みます。
だから、ひとなめしてわかる、まろやかでとってもおいしいお塩。

食べる鍼灸
誰もが自然体で生きられる世の中へ。

ALE ONEブランドは、鍼灸師が立ち上げた、身体の内外からアプローチするオーガニックライフスタイルブランドです。
鍼灸師である代表・関 文光子がこれまで大切にしてきた東洋医学の考え方である「正体(せいたい)」、つまりバランスが整った健康な身体を目指すための、こだわりの商品群を扱っております。
ブランドのミッションは、「誰もが自然体で生きられる世の中へ。」

人間の身体の養分バランスを「塩分」で整えるという考えに基づき、塩水療法に最も適した「純粋天日塩」を探し続け、発見した場所が瀬戸内。

しかしある時を境に国内での純粋天日塩製造が難しくなりました。替わって瀬戸内に近い環境を持ち、独自の製造方法をそのまま持ち込める海を越えた場所、韓国の木浦(モッポ)に辿り着きました。

代表の関は、この塩の仕入れルートを譲り受け、35年以上治療院を中心に展開してきました。

なんでも「減塩」への違和感

「塩」というと、「なるべく減らすようにしている」と言われます。
・健康に良くない
・きちんと自分で選んだことがない
・高血圧予防で控えている

しかし、古来海から上がってきた人間の身体は、60%以上が水分でできています。
それは、身体の酸化を防ぐ塩水、ナトリウムやミネラルを含む水分である必要があります。

ミネラルが不足すると、体にさまざまな不調が起こる可能性があります。
塩にはいくつかの製造方法があり、 「イオン交換膜方式」や「溶解式」と呼ばれる、人の力でしょっぱい塩化ナトリウム成分だけ取り出した塩、「天日塩」とひとくちに言っても高温処理した塩も多く存在します。

純粋天日塩「the salt」は、自然の力が作り上げた海の成分そのもの。
成分表示スコアでも8割程度が塩化ナトリウム、その他マグネシウムやカルシウム、カリウム等「粗雑物」といわれるミネラルが含まれます。
身体に必要なミネラルを含み、だからこそ驚くほどの「旨み」を持っています。

the saltのラインナップ

the salt <origin>粒塩

純粋天日。健康と食にこだわるあなたにお届けしたい逸品。
塩にぎりや、和牛やお刺身に付けると素材の美味さを引き出します。

自然の力で結晶化した輝きを放つ粒は、これまでの塩では味わうことのできない食感とまろやかさを持ちます。
釜炊きせず、人工の熱を帯びていない、きれいな日本近海の海水だけで作った完全天日塩のため、ミネラル成分を多く取り込み、まろやかで甘みが有るお塩です。

the salt <voyage>生塩

平釜で低温炊きした、水分たっぷりの潤い塩。
「にがり」が煮崩れを抑えるので、煮物や手造味噌などに。

濃縮した海水を煮詰める途中段階の、水分たっぷりの塩。いわゆる「にがり」が含まれており、身体のバランスを整えてくれる一品です。

the salt <heated>焼塩

加熱を続けて苦みを抑えた、どんな料理とも合う影の立役者。
スポーツドリンクの様に水に薄めて水分補給にも。

加熱を続けることで苦みが抑えられた、どんな料理とも合う影の立役者。使いやすさが特徴です。

低温でローストした塩で、ミネラル成分を多く残しているのに、サラサラ。魚などの振り塩や炒め物、サラダを中心に全ての料理に適しています。